治療の進め方

インプラントの治療の概要については説明しましたが、その詳しい内容と手順について解説していきたいと思います。

1.治療前カウンセリング
まずは治療を開始するまえに、歯科医院でカウンセリングを行います。どのような治療を望んでいるのか、治療費はどれくらいかかるのかという疑問などに回答がもらえます。疑問に思うことがあればこのカウンセリングの時点ですべて解消しておきましょう。
無料でカウンセリングを行っている歯科医院も多くありますので、まずは足を運んでみましょう。

2.検査
インプラントの手術前には現在の歯の様子がどのようになっているかを確認するために様々な検査を行います。レントゲンやCTを取る歯科医院が多いようです。どこにインプラントの歯根を埋め込むかなどもこの検査を下に決定されますので、慎重に行われます。人工歯の形もまわりの歯や顎の形状に合わせて精密に作られます。

3.手術
インプラントの手術は日帰りや一泊の入院で行われます。施術後1週間程度は激しい運動などはしない方が良いですが、日常生活は普通に送ることができます。
人工歯根の埋込み
手術の際にはまず歯茎の下の骨に穴を開け、金属製(チタンの場合が多いようです)の人工歯根を埋め込みます。インプラントの人工歯の位置を決める大切な工程になりますので、慎重に時間をかけて行われます。

土台の形成
人工歯根に土台を取り付けます。

人工歯をかぶせる
土台の上に人工歯を被せることで手術は終了します。セラミックでできた人工歯は見た目的にも本物の歯に近く、固くて壊れにくいのが特徴です。人工歯はしっかりと固定されているので、使用感も非常にいいといわれています。

4.手術後の検査
手術後1週間~1ヶ月、さらには半年程度にインプラントが問題なく定着しているかの検査を行います。噛みごたえ、使用感に問題があればこの時に訴えましょう。追加で治療費がかかる場合や、契約によってはアフターケアとして無料で治療してくれることもあります。

5.アフターケア