症状をみながら治療は進みます

Posted by admin

隣同士連続して歯がなかったとしましょう。
この場合はブリッジをかけるのは難しく、差し歯にしても少し不安定になることが予想されます。
そんなときはおすすめなのがインプラント治療がです。
兵庫のクリニックでも多くの治療に携わっていますが、骨の状態や歯茎の状態をみながら必要な処置を付け加えながら治療は進められていきます。
最初に行うのはレントゲンを撮ることです。
治療のやり方でわからない箇所は遠慮せずに質問しましょう。
続いて骨にドリルで穴を開けてその中にフィクスチャーと呼ばれるインプラントを埋め込みます。
次の治療まで3~6ヶ月様子をみるのは骨と結合するのに時間がかかるためです。
強固な結合が確認できればヒーリングアバットメントと呼ばれるネジをインプラントの頭に装着します。
歯茎が治るまでまた待つのは頭部分を手術で掘り出すからです。
そしてアバットメントと呼ばれる歯を取り付けるのに必要な土台をネジで固定し、歯を装着します。
これで完成です。